従業員支援プログラム(EAP)とは

弁護士が貴社の従業員の皆様に対して法的支援を提供し、企業活動の繁栄を応援するサービスです。

具体的には、会社と契約した弁護士が、従業員の個人的問題が生じた場合に法律相談等を通して支援するというサービスです。

EAPは、米国で発祥し、世界的に普及している従業員支援プログラムです。

シンプルに言うと、会社が社員を守るという制度です。

会社が社員の仕事上のパフォーマンスに影響を与えうる個人的問題を見つけて解決する。それにより、社員の定着を図る、生産性を上げるということが主目的です。

会社が社員を守るという姿勢を明確にする制度

一般の会社員の方も、交通事故、相続、離婚、刑事事件の被害など個人的な法的問題を抱えることがあります。

法的問題を抱えたままでは、日常業務の生産性も当然落ちます。

また、会社員の方の社会的基盤の中心は会社です。

社員の方が個人的に弁護士を探すということも可能です。

もっとも、会社が選定した弁護士が存在する、もしもの時に会社が弁護士に繋いでくれるというのは安心感に繋がります。

社員の方が個人的問題で困った時に会社に頼れるという関係を築いていくのがEAPです。

EAPは、会社が社員を守るという姿勢を明確にする制度といえます。

 

EAP周知の重要性

人材の定着は、会社経営において重要な課題です。

人材の定着には職場環境や社員の働きやすさが重要です。

EAPを採用し、社員に周知されれば、もしもの時も会社が頼りになるという安心感に繋がります。

EAPは、人材の定着に有意義であると考えています。

 

法律事務所によるEAP、弁護士によるEAPをご活用してください。

これからの「人」を中心とした経営において、EAPの重要性が世界的に注目されています。

現代は、会社が従業員を守る時代です。

会社が従業員を守るという姿勢を明確にし、社員の定着はもちろんのこと、強い組織を作るというためにも是非EAPをご活用いただきたいと思います。

 

当事務所はEAPサービスを行っております。

EAPサービスにご興味のある経営者の方は是非当事務所にお問い合わせください。

関連記事はこちら